2010年8月17日火曜日

オラクルカードと英語レッスンの共通点は?



オラクルカードのレッスンを受けながら

英語のレッスンとの共通点を気づかされる。





私が使っているオラクルカードは、占いのカードというより

より楽しく幸せに生きるためのヒントを

教えてくれるカードです。(←個人的な意見)



44枚のカードがあり、それぞれメッセージがあるので

質問に対して引いたカードの意味の解釈の仕方を習っています。





カードを手にとり質問を頭に思い浮かべる。

(中略)

引いたカードをテーブルに置く。

質問に対してカードのメッセージを読み解いていくのですが、

この読み解く作業(リーディング)が

できたり、できなかったり。





ここで先生がひとこと!


カードが持つイメージ=英単語

読み解いた内容=英文


単語はいっぱい浮かぶのに、

どうやって文にしたらいいかわからないんだよね!

って。



はい、先生、そのとおりです!




英会話を習う時のもやもや感をものすごーく実感。

単語レベルでは分かるのに、文にできないー!!!

という気持ちがよく理解できます。






ちなみに私が使っているのは「フェアリーオラクルカード」。

フェアリー=妖精



カードのデザインが素敵なのでアマゾンで見てね!

アマゾンのリンクを貼っておきます↓

「フェアリーオラクルカード日本語版」


「フェアリーオラクルカード英語版」



フェアリーの他にもいろんなデザインのカードがあります。