2011年1月22日土曜日

映画「ソーシャルネットワーク」~印象に残ったこと


「ソーシャルネットワーク」(原題:The Social Network)を観ました♪




この記事は、映画で印象に残った英語のセリフとシーンについて書いています。

少しネタばれありです。特に後半。




心配な方は、ネタばれ全くなしのこちらの記事をどうぞ♪
http://tomokotn.blogspot.com/2011/01/blog-post_21.html






【英語について】

セリフが多いです。

主人公のマーク・ザッカーバーグが、早口でよくしゃべる。

パソコン関連の話題になったら、適当に聞き流しても差し支えないと思われる。




なるほどーと思った英語表現ふたつをご紹介。


■ ■ ■  He's wired in.  ■ ■ ■

仕事中だ。みたいな字幕だったと思います。

パソコンで仕事している状態を表現していて

パソコンとつながってる感じがします。




■ ■ ■ Dilute ■ ■ ■

株式の話しで、diluteという単語が出てきました。

dilute は、薄める、希釈するという意味で

化学の実験で、液体を水で薄めるときなどに、よく見かける単語です。



映画では、Depositionのシーンで

女性弁護士がエドゥアルドに質問します。

What was your ownership share diluted down to?



株式の話をしていて diluteが出てきたので、えっと思いましたが

全体に占める自分の持ち株の割合が薄まるのねー、と納得。



映画.com の説明を引用すると
http://eiga.com/movie/55273/special/

株式の希薄化

「増資などで株式の総数が増え、1株あたりの価値が下がること。エドゥアルドは自分の持ち株数についての契約を交わすが、その後、VCの投資によって新たな株式が発行されたこと(=増資)によって、全体における彼の持ち株比率が大幅に減少(=希薄化)した。」







!!ご注意!!

以下は、ネタばれありです。




【印象に残ったこと】

・主人公の nerd ぶり。役者さんに拍手。


・最初のシーンで、かみ合わないふたりの会話。笑える部分もあった。


・主人公のマークが親友エドゥアルドに
 I need the algorithm (アルゴリズムが要るんだ)と言ったら、
 エドゥアルドがアルゴリズムをすらすらと窓に書くシーン。
 さすがハーバード大学生。


・ナップスターの創始者がフェイスブックに関わっていたこと。


・ビル・ゲイツが大学で講演していた。BASICの言語の話しだったかな?
 講演の後の外での会話シーンが笑える。


・ビクトリアシークレット(Victoria's Secret)の創始者の話しが出てきたこと。


・エドゥアルドは、フェイスブックのプロフィール設定変更方法を知らないこと。
 (彼女ができたのに、Relationship StatusがSingleのまま。)


・ラストシーン、結局どうなったのか気になる。






映画を観られた方、何が印象に残りましたか?