2011年3月22日火曜日

春の特別観望会


3月の始めに国立天文台の春の特別観望会に参加しました。




岡山県浅口市鴨方町にある国立天文台のHPはこちら
http://www.oao.nao.ac.jp/




となりの天文博物館のプラネタリウムで

星座の探し方や見どころの説明を聞いたあと

188cmの反射望遠鏡のあるドームへ。




普段は目で見て観測することはないそうですが、

この日は観望会用に望遠鏡(白い部分)が取り付けてあります。


ドームが一部開いて夜空が見える



今回観測したのは、

シリウス(太陽の次に明るく見える恒星)と

M42(オリオン座の大星雲)のトラペジウムと呼ばれる4つの星とその周りのガス。




右下にうっすら見える白い点がシリウス

望遠鏡をのぞくために床が上がります


シリウス(マイナス1.5等星)はギラギラ明るく輝いています。

実はシリウスAとシリウスBの2つから成る連星だそうですが

2つには見えません。




順番待ちの間も、スタッフの方にいろんな質問をしたり

人工衛星が通過してるよーと教えてもらったり。




寒い中での観測会でしたが参加して良かったです。




写真でしか見たことのない星雲が

自分の目で見れたのには感動しました。

もちろんカラーではなく白黒ですけどね。




次回は秋に観望会が予定されているそうです。

興味のある方は

岡山天体物理観測所のHPなどで情報をチェックして抽選に申し込んでください。


====================
関連する過去記事はこちら
http://tomokotn.blogspot.com/2010/09/blog-post.html



国立天文台
岡山天体物理観測所
http://www.oao.nao.ac.jp/
岡山県浅口市鴨方町本庄3037−5
TEL: 0865-44-2155

====================

星雲 = nebula

オリオン星雲 = the Orion Nebula

トラペジウム = the Trapezium
* trapezium は不等辺四辺形の意味

連星 = binary star

====================


いただいたチラシより

HAYABUSA  BACK TO THE EARTH
小惑星探査機「はやぶさ」の軌跡を描いたCG映像が
3月31日まで岡山県立児童会館のプラネタリウムにて上映中

http://www.jidoukaikan.com/