2011年4月23日土曜日

セントラルドグマ The Central Dogma

なつかしい生物用語です。

生物用語を聞くと留学していた頃を思い出します。




留学先で苦楽を共にし支え合った友人と

東京の科学技術館に一緒に行ったときの思い出。




彼女とは得意科目が違ったので(彼女はchemistry、私はbiology)

留学1年目ものすごく助け合った仲。

お互いがいなかったら、きっと成績も悪くて卒業できなかったよねーと

今でもお互いに感謝。




なつかしい話をしながら館内を見学していると

「セントラルドグマ」

という何やら見覚えのある言葉が目に入る。




「ね、ね、これ、Dr. Cox のクラスで出てきたよねー。」

と二人で意見が一致しハイテンション♪




「セントラルドグマ」

なんだったか、すっかり意味は忘れちゃったけど、

展示を見たり、3Dの映画を観たりして

少し思い出した。




そこで観たのと似たやつ。

The Central Dogma by Riken
セントラルドグマ~ゲノム情報からタンパク質ができるまで






理解したような、してないような、

でも、出てくる用語がとってもなつかしかった。



LOVE サイエ~ンス♪

======================

DNAの2重らせん(DNA double helix)
転写(transcription)
翻訳(translation)
mRNA (messenger RNA)
tRNA (transfer RNA)
コドン(codon)
スプライシング(splicing)
エクソン(exon)
イントロン(intron)