イミグレーションでひっかかる

旅行体験談です。

某空港からヨーロッパに入国するとき

イミグレーション(immigration、入国審査)でひっかかりました。




英語で聞かれた質問は

訪問する国は?
滞在期間は?
個人旅行かツアーか?
滞在先は?


英会話のテキストに載っている普通の質問なんですが、

私の答えがテキスト通りでないので

だんだん雲行きが怪しくなました。




次の質問は

お金をいくら持っているのか?




とても感じの良い入国審査官だったのですが

疑わしい外国人(私)はチェックしなきゃとお仕事熱心で(当たり前ですが)

ちょっとこっちに来てと、列から外されました。




別室に連れていかれるのかと思ったら

オフィスの前のベンチに座って待つように言われました。




どきどきして待つこと1分。

パスポートを返してもらい、行っていいよ!と明るく言われ、

無事入国を果たしました。




あとで友人に聞くと、個人旅行なのと滞在先が個人宅なので

不法就労などを疑われたのではということでした。






注目の投稿

最近英会話クラスで取り入れているのは、Pictionary(ピクショナリー)というお絵かきゲーム。 このゲームは大好きで、アメリカから持って帰りました。 クラスでの活用方法 ①英単語の書いてあるカードを数枚ずつ配る。 ②各自、お絵かきする単語を決める。 ③一人目の...