2011/07/17

イミグレーションでひっかかる

旅行体験談です。

某空港からヨーロッパに入国するとき、イミグレーション(immigration、入国審査)でひっかかりました。



英語で聞かれた質問は

訪問する国は?
滞在期間は?
個人旅行かツアーか?
滞在先は?


英会話のテキストに載っている普通の質問なんですが、私の答えがテキスト通りでないのでだんだん雲行きが怪しくなました。



次の質問は
お金をいくら持っているのか?


とても感じの良い入国審査官だったのですが、疑わしい外国人(私)はチェックしなきゃとお仕事熱心で(当たり前ですが)、ちょっとこっちに来てと、列から外されました。



別室に連れていかれるのかと思ったら、オフィスの前のベンチに座って待つように言われました。



どきどきして待つこと1分。
パスポートを返してもらい、行っていいよ!と明るく言われ、無事入国を果たしました。



あとで友人に聞くと、個人旅行なのと滞在先が個人宅なので、不法就労などを疑われたのではということでした。




注目の投稿

真田紐(さなだひも) ついこの前まで福山でも作られているとは知りませんでした。広島県福山市神辺(かんなべ)町にある(有)藤井リボンさんが製作されています。 http://fujiiribbon.co.jp/ 真田昌幸・幸村父子が考案したとされる真田紐は、丈夫で...