投稿

9月, 2012の投稿を表示しています

わがまま陶芸体験ツアー終了

イメージ
わがまま陶芸体験ツアーが終了しました。


2点の作品を作り、釉薬の色は緑と指定しました。


出来上がった作品を取りにいったら、

違う緑に仕上げてくれていました。

トレーは織部風の濃い緑、

お香立(になる予定だった)はガラス質の薄い緑。

うまいこと仕上げてくださっています。



うまくお香が立たないお香立



小物用トレー



なかなか思ったとおりの作品には仕上がらないもんです。

でも楽しいのでまたチャレンジします!





藤本路加先生の工房での陶芸体験の様子はこちら

http://tomokotn.blogspot.jp/2012/06/blog-post_22.html




「日韓トップ囲碁対局・鞆」出迎え行事に参加

イメージ
ふくやま国際交流協会(FAGE)のボランティアで

衣装を着てイベントのお手伝いをしました。

終わったあと友人とその友人たちとパチリ☆



場所は鞆の浦。



「21世紀の朝鮮通信使 日韓トップ囲碁対局・鞆」というイベントで

9月22日正午より鞆港の常夜燈前にて

韓国棋士出迎え行事が行われました。



友人は韓国語が話せるので、キム・へリムさんという

若い棋士とおしゃべりしていました。

私は韓国語は話せないのでおとなしくしていたら、

キムさんが日本語で話しかけてくれました。



非日常的な体験ができて面白かった☆



======================

ブログ関連記事

「ふくやま国際交流協会(FAGE)」
http://tomokotn.blogspot.jp/2012/10/fage.html

ヌーヴェル ヴァーグのスペシャル料理&食と経済の世界ツアー~欧州編~

イメージ
第3回目となりました食と経済の世界ツアー~欧州編~を

福山市引野町のNouvelle Vague (ヌーヴェル ヴァーグ)にて開催しました。

シェフがこの勉強会のためにスペシャルメニューを用意してくださいました。


個室を利用しました。




コース5品で、デンマーク→ポルトガル→スペイン→フランス→イタリアとEU加盟国を巡りました。




前菜のデンマーク料理、野菜畑のイメージです。(上の写真)

手で野菜をひとつひとつ畑から抜きながらいただきました。

土に見たてたカリカリした食感のものの下には、特製のヨーグルトディップが隠されています。





メインの肉料理はフランスで、やわらかく煮込んだほほ肉のパイ包み。 ナイフを入れるとサクッと良い音。絶品です☆




料理があまりに素晴らしかったので、FP長尾さんのEU経済に関するお話や、私が読んだ英語がいったいどのくらい記憶に残っているか謎ですね~。



次回は火鍋になりそうです。


======================
関連ブログ記事

食と経済の世界ツアー~欧州編~
http://tomokotn.blogspot.jp/2012/09/blog-post_5.html

Sanction と Sanctuary の語源はきっと同じ!? 
http://tomokotn.blogspot.jp/2012/07/sanction-sanctuary.html

食と経済の世界ツアー インド編
http://tomokotn.blogspot.jp/2012/05/blog-post_13.html

彦根城リアルひこにゃん登場せず

イメージ
しばらく前の話ですが、出張帰りに彦根に立ち寄りました。

滞在時間は3時間。目指すは国宝彦根城とひこにゃん。



JR彦根駅からてくてく歩いて彦根城へ。




ひこどら(ひこにゃんの焼印付きドラヤキ)を食べて、



2Dのひこにゃんに出会ったあと、

公開されている櫓(やぐら)を見て、

ようやくチケット売り場に到着。

時間的に博物館へ行く余裕はなかったので

天守のみ見学することに。



階段をたくさん、たくさん上って彦根城の天守(国宝)に到着。



NHKの大河ドラマ篤姫で井伊直弼(いいなおすけ)の居城として出てきてから

ずっと見に来たかったお城です。

個性的な破風(はふ)の組み合わせや花頭窓(かとうまど)が素敵です。





天守の中の階段はこの角度 ↑ 

「スリルとロマンにあふれる彦根城へようこそ」と

階段下で安全確認されているスタッフさん。

階段を降りるのはちょっとスリリング!





外にあるお土産物屋のおばちゃんに、ひこにゃんのこと聞いたら

今日は登場しない日だと言われました。う~ん残念。




彦根城に行くときは、 しっかり歩ける靴で行かなきゃしんどいです。

ハイキングに行くような服装の方が多かったのに納得。

間違ってもハイヒールやピンヒールでは行かないように。

貸し出しの杖もあるくらいですから。


=================
彦根城

所在地:滋賀県彦根市
連郭式平山城
複合式望楼型 3重3階地下1階

1604年築城開始、1607年ごろ天守完成、
1622年ごろまでに城下町を含む彦根城の基本的な形が完成。

見どころ:天守、附櫓(つけやぐら)、多聞櫓(たもんやぐら)、
 門、馬屋、天秤櫓の石垣、玄宮園(庭園)、など

映画やドラマのロケ地にも数多く使われる

=================

現存12天守(国宝4城・重文8城)

12ヶ所の天守が現存し、国宝か重要文化財に指定され保存されている。

国宝
「姫路城」  兵庫県姫路市
「犬山城」  愛知県犬山市
「彦根城」  滋賀県彦根市
「松本城」  長野県松本市 

重要文化財
「丸亀城」  香川県丸亀市 
「備中松山城」  岡山県高梁市
「松江城」  島根県松江市
「松山城」  愛媛県松山市
「宇和島城」 愛媛県宇和島市
「高知城」  高知県高知市
「弘前城」  青森県弘前市
「丸岡城」  福井県坂井市丸岡町 

=========…

福山市東川口町の子連れにも優しいココロニカフェ

イメージ
福山市東川口町にあるココロニカフェさん


スイーツ&ノルディックウォーキングのイベントで

2階の座敷席を利用させていただきました。

これが噂に聞く、子連れにもやさしい場所ですね~。




今回お願いしたのはスイーツ&ドリンクセット






その他の写真はこちらのリンクをご覧ください。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.358337160918430.84221.100002264463717&type=3&l=65450d6bc7

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.413212632073154.96589.170064703054616&type=1


お店の様子はこちらのサイトをチェック♪ http://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340301/34015287/

http://preko.jp/blog/format?blg=685&page=2




駐車場が少ないのが難点ですが、おいしいスイーツに癒されます。

ランチは一日中されているようです。



=========================

kokoroni cafe(ココロニ カフェ)
広島県福山市東川口町5-18-11
※武皮膚科のななめ後ろにある黄色が目立つ2階建。
TEL:084-981-0121

定休日:月曜




ココロニカフェ
関連ランキング:カフェ | 東福山駅福山駅

★英単語~Bedroom

アメリカの大きな家には来客用の寝室(guest bedroom)があります。



今日の英単語のテーマは bedroom (寝室)。

A4の紙の真ん中にbedroomと書き、その周りに関連する単語を書き出してみましょう。

英単語がわからないときは、日本語で書いてあとから辞書で調べればOK。
いくつ書けましたか?




bed
sheet
mattress
blanket
pillow
pillowcase
lamp
bulb
nightstand
alarm clock
closet
hanger
drawers


===============

生活に密着した単語を学ぶのにおすすめなのがPhoto Dictionary。

例えば
"Longman Photo Dictionary of American English"

アメリカ英語、イギリス英語、ペーパーバック、ハードカバーと種類があります。



写真よりイラストが好きな方は
”The New Oxford Picture Dictionary"


英語のみ、日英併記など種類があります。



いちじく大福@浜だんな

イメージ
私が知らなかっただけなのかもしれませんが、「いちじく大福」に初めて出会いました。


小ぶりの大福で、よく熟れた甘くて柔らかいいちじくが中に入っていました。

カットしたらふにゃふにゃ。





この日は用事があって尾道に行ったのですが、ゆういちのパン屋の「尾道 いちじくあんぱん」が食べたいな~と思いながら商店街を歩いていると、この黄色い紙が目に留まりました。






この時期だけの味ですね。
よく熟れた生のいちじくが好きな方にはおすすめです。



いちじく(無花果)は英語で fig といいます。


=======================
浜だんな
http://www.hamadanna.com/

尾道店
広島県尾道市土堂町1-2-12
TEL:0848-23-3213
営業時間 8:30~19:00


「ナイト☆ノルディック&英語でワインバー」 イベント報告

イメージ
はじめまして!の参加者が多かった

「ナイト☆ノルディック&英語でワインバー」イベントですが

和気あいあいとなごやかな雰囲気で終了しました。



フェイスブックでのイベント参加申し込みがほとんどでしたので

ワインバーでおしゃべりしながら、フェイスブック友達としてつながりました。



中央図書館(ローズコム)周辺をノルディック・ウォーキングしたあと、

Le Ciel Cafe(ル・シエル・カフェ)さんへ。







わかりにくいのですが、記念碑があります↓


中央公園(福山市霞町)には藩校 誠之館(せいしかん)がありました。

福山藩主で江戸幕府の老中筆頭であった阿部正弘(あべまさひろ)が設立、

身分に関係なく優秀な人材を育てたそうです。




ワインバーの写真はこちらのFBページをご覧ください。

「びんご元気プロモーション」
http://www.facebook.com/bingogenki

「E-channel」
http://www.facebook.com/echannelfukuyama


初対面の人への話しかけ方というテーマで英会話にもちょっとチャレンジ。




何事にも興味を持ってチャレンジされる方々に出会えて、

とってもうれしかったです☆





<<おまけ>>

2階のフレンチレストランのコム・シェ・トワ(Comme Chez Toi)も

見学させていただきました。照明をぐっと落として、しっとり大人の雰囲気です。










===============================

 「ナイト☆ノルディック&英語でワインバー」 
http://tomokotn.blogspot.jp/2012/08/96.html


ルシエルカフェ
http://www.hotpepper.jp/strJ001000092/?vos=nhppdkab20100625006


コム・シェ・トワ
関連ランキング:フレンチ | 福山駅

衣装の色と襲の色目(かさねのいろめ)から楽しむ「源氏物語」五十四帖

漢字クイズからスタートしますよ。

植物や色の名前ですが、読み方は?正解はこのブログ記事の最後

胡桃
女郎花


撫子

=========================

色というタイトルに魅かれて図書館で借りた本


「源氏物語の色辞典」 吉岡 幸雄 (著)




「源氏物語」五十四帖に登場する衣装の色が再現されています。

平安貴族たちは、今でいう重ね着(多ければ5枚)で

色の組み合わせの美しさや季節感を表現していました。

この重ね着のことを襲の色目(かさねのいろめ)と呼び

紅梅の襲、藤の襲、紅葉の襲と季節によっていろいろあるそうです。




この本の著者は染色家。

昔ながらの工法にのっとって染め上げた布で

襲の色目を再現しています。



カラー写真なので、布の重なりあいによる色の変化もよくわかります。

鮮やかな濃い赤の布の上に、透け感のある白い布が重なると

桜色に見えます。



国語便覧で眺めた記憶のある色もありますが、

実際に染め上げた布の写真を見て

源氏物語のイメージがより鮮やかな色へと塗り替えられました。




色の説明だけでなく植物の写真と説明もあるのもいいですよ。



季節感を大切にし、その素晴らしさを衣装に表現していた

日本人の美意識の高さに感心します。



平安時代の女房装束などの衣装が好きな方、

源氏物語が好きな方にはおススメの本です。





=========================
胡桃(くるみ)
女郎花(おみなえし)
鈍(にび)
蓬(よもぎ)
撫子(なでしこ)
=========================

襲の色目(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%B2%E3%81%AE%E8%89%B2%E7%9B%AE

食と経済の世界ツアー~欧州編~

イメージ
英会話の新しいクラスも始まるし、

イベントや勉強会も立て続けにある忙しい月です。




さて、シリーズ第3回目となりました「食と経済の世界ツアー」ですが

今回は欧州がテーマです。

何がいつも楽しみかというと、参加者の皆様の旅行話とお食事(笑)










今回のお店は福山市引野町、広大付属福山高校の斜め前にある

Nouvelle Vague (ヌーヴェル ヴァーグ)さん。

写真は打ち合わせを兼ねてランチに行ったときのものです。

カメラを忘れて、携帯ではうまく撮れていなくて残念...

前菜、スープ、メイン、デザート、これにアフタードリンクが付きました。





野菜好きはワクワクするお食事内容です。

お肉の付け合せには珍しい葉っぱ類もあり、

一枚一枚食べ比べて、苦みや味の違いを堪能しました。

(相変わらず名前は覚えられませんが...)

デザートはワゴンで来て、好きなものを4種選んでいいですよという

ケーキ屋さんが目の前に来たような喜び。




ということでディナーはどんな内容なのか、とっても気になります。




ヌーヴェル ヴァーグさんのお食事に興味のある方、

ヨーロッパに興味のある方、欧州金融危機が気になる方、

英語に興味のある方、参加理由はなんでもOKです。

美味しいお食事を楽しみながら、

ヨーロッパに関する知識もちょっと増やしてみませんか。

資料は英語ですが、解説とトークは全て日本語です。




【概要】 

「第3回 食と経済の世界ツアー~欧州編~」

日時:9月20日(木) 19時30分~21時30分頃 

会場:Nouvelle Vague

福山市引野町北2-31-7、TEL: 084-941-2188
広大附属福山高校ななめ前、ガソリンスタンド横

定員:10名

参加費:3500円(食事代込み)+ドリンク代別

 お申し込みは下記リンク先からお願いします。

http://kokucheese.com/event/index/50103/