2013年7月7日日曜日

福山城博物館の展示物と英語説明少し

過去の資料をひっぱりだしてきました。

通訳ガイドの資格を持つ友人が以前くれたメモを大公開(^^)/

展示内容は現在と異なっているかもしれません。

ネイティブチェックは受けていませんので、多少の英語の間違いはご容赦ください。



◆福山城博物館の常設展示


○地下1階 

 土俵空穂(どひょううつぼ) 陣笠 年表 水野勝成像 家康像 甲冑 しゃちほこ  
  
 阿部正弘、水野勝成木像 宮城道夫 琴 戦前の福山城写真 

 福山城模型 


○1階 

 甲冑 兜 三次人形 備後絣 屏風 掛け軸 行灯 軍扇 軍配  

 采配 備後焼 洞仙焼  


○2階 

 江戸地図 江戸福山藩屋敷図 阿部家旅行セット 花見セット  

 検地帳 陣笠 水墨画 漢詩屏風 徳川家紋入り鞍 阿部家掛け軸 


○3階 

 伏見御殿襖絵(鳳凰図) 水野家家紋入り馬印 奉納太刀 掛け軸 

 水野家家紋入り椀  


○4階 

 草戸遺跡出土品 (ほとんどの展示物は県立博物館へ)

草戸遺跡ー12世紀から明王院の門前町、港町として発展 
17世紀はじめ洪水が重なり、廃墟となって、川底に埋もれる 

 明王院、五重塔の写真 


○中4階 

 古代の福山

 一万年前 無土器時代 

 7,8千年前 土器や武器を作り始めた 

 弥生時代 農耕が大陸から伝わった 

 4世紀ごろ 長が力を持ち、大きな墓が作られた 

 8世紀奈良時代 備後に国府が置かれ、仏教が伝わり、寺がたくさん建てられた 



【補足説明と英語の説明例】

甲冑(かっちゅう) This is armor which Samurai warriors wore in battle to protect themselves. 

土俵空穂(どひょううつぼ)This was used to carry arrows in it. 

しゃちほこ They were on the top of the castle tower. 

陣笠(じんがさ) Samurai warriors wore them in battles instead of helmets. 

兜(かぶと) These are helmets that Samurai warriors wore in battle. 
Usually high class warriors wore them. 

軍配(ぐんばい)、采配(さいはい) Leaders used it in battles to command his warriors. 

検地帳 This is a record of the land survey. 

鞍 This is a saddle. 

馬印(うまじるし) This is a kind of a flag attached to a pole that was raised next to the horse of a leading warrior in battle. 

伏見御殿襖絵(ふしみごてんふすまえ) These are sliding doors that were in the palace in the castle ground where the lords lived. The picture of phoenixes was drawn by a famous painter. 

草戸遺跡 the ruins of Kusado; Kusado developed as a temple town and a port town around the 12th century but it was buried under the river because of floods around the 17th century


中4階 

About 8000 years ago people started making pottery and some kinds of tools for hunting. 

About 2500 years ago agriculture came from China. 

Around the 4th century some leaders had power and they made large graves. 

Around 8th century the local government was established. Buddhism was introduced to Japan and many temples were built.