2013年8月14日水曜日

製造現場がリアルに想像できてドキドキ【本】「下町ロケット」池井戸潤(著)

小説「下町ロケット」

製造現場がリアルに想像できるので、

いろんな決断や結果にドキドキ!




「NASAより宇宙に近い町工場」植松 努 (著)を読んだあと、

工業系女子がこの本をおススメしてくれました。



前半の特許のことはあまり理解できなかったけど、

銀行とのやり取りや資金繰りのことなど読み応えあり。

後半はどんな決断が下されるのか、

検査結果はどうなるのかとハラハラ、ドキドキ。

セリフが多くて読みやすいです。



いつも読み書きしてる言葉がたくさん出てきて

製造現場がリアルに想像できました。

(言葉については記事の最後に)






次は「七つの会議」を図書館で予約しましたが

54人待ちなので、他の本も予約しようかな。

ドラマ「半沢直樹」の原作も面白いよ、と文学女子より。

「オレたちバブル入行組」、「オレたち花のバブル組」など。

池井戸潤、気になる小説家です。


===============

「ニッチは自分でつくるもの」【本】「NASAより宇宙に近い町工場」植松 努 (著)
http://tomokotn.blogspot.jp/2013/07/nasa.html

===============

英訳は一例

内製化 = switch to in-house production (外注していた部品を社内生産に切り替える)

部品供給 = supply/provide parts/components

工程管理 = process control

クリーンルーム = clean room

試作 = prototype making, trial production

量産 = mass production

耐久試験 = durability test