2013年9月11日水曜日

英語の子音の出し方について情報&意見交換

英語の先生と、英語の音に関する本や発音練習方法について情報交換


中学から英語を学び始めた私は

発音やリスニングが苦手でとても苦労しました。



発音が上手になればリスニングも上達すると信じて

英会話のクラスでも時々発音のポイントを伝えるようにしています。




今回は、子音の出し方について情報&意見交換

ポイントは

息が強く出せるよう訓練する、

子音の震えを感じ取ってから発音、

口の周りの筋肉を鍛える、

舌先が丸められるように練習する(Rの音)、

など





今後チェックしようと思っている本やサイト

◆中津式
(1)指3本分、縦に口を広げてエイ。のどの奥から声が出るイメージ。(2)ラッパ型くちびる(3)腹式呼吸、息の強さ、子音を大切に
中津未来塾トレーナーブログ http://nakatsu-miraijuku.com/blog


◆ハミングバードメソッド 
口x舌x発声


◆UDA式 http://www.uda30.com/index.html


◆英語舌のつくり方 ――じつはネイティブはこう発音していた! 野中 泉 (著)




情報が間違って伝わらないよう、ある程度の発音はマスターしたいですね。

練習すればほとんどの音は出せるようになるので、がんばって練習しましょう!