2013年10月18日金曜日

『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』(6)のメモ

長尾先生とシリーズで開催している『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』第6回目のメモです。

この講座ではデール・カーネギーの著書"The Quick & Easy Way to Effective Speaking"をテキストとして使い、人前で話すときのコツをなどを学んでいます。





◆食に関する英語表現の音読

英会話のクラスでも使っているテキストを参考に
味や食感などの英語表現を一緒に音読。

It's hot. It's salty. It's sweet.
It's crunchy. It's crispy. It's chewy.
It's rich. It's plain. It's light.

<参考>
英語表現の幅を広げよう!日常生活でよく使う食感を表す英語
http://ecafeplus.com/study-english/expressions/food-texture/



◆英語のショートスピーチ

テーマは「食」で、人前で話す緊張感を味わうのが一番の目的。

pickled celery セロリの酢漬け
bitter melon ゴーヤ
chocolate mousse チョコレートムース
といった食べ物の話題が出てきました。


◆発音練習

ノート、ファイブ、ミルクを英語っぽく言う練習。
子音のN, F, V, M, Kを大げさに言う練習をしました。



◆登場するエピソード(p.89-97)

2. Give honest, sincere appreciation 正直で誠意のある評価をする
Baltimore Kiwanis Club: “Tell them something about themselves that they didn’t think you could possibly know.” (p.89)

3. Identify yourself with the audience 聴衆とあなたの共通点をはっきりさせる
“Indicate some direct relationship with the group you are addressing” (p.90)
“use the names of people in the audience” (p.91)
“use the pronoun “you” rather than the third-person “they” (p.92) 
           Suphuric acid の例 (注:レクチャーのときはwe を使う(p.93))

4. Make your audience a partner in your talk 聴衆を話のパートナーにする
Using showmanship “choose some  member of the audience to help you demonstrate a point or dramatize an idea” (p.93)
Get audience participation by simply asking questions and getting responses. (p.94)

5. Play yourself down 調子に乗らない
教会での説教の例:Norman Vincent Peale がa fellow minister(牧師)に伝えたアドバイス “question his feelings about the congregation” (p.95)
Edmund S. Muskie (メイン州の上院議員)の例:”doubts” (p.95)
Adlai E. Stevensonの例:大学の卒業式での話 (p.96)
アメリカのTV界で長い間人気を誇ったEd Sullivanの例(p.96)
Said of Confucius孔子の言葉 (p.97)


◆印象に残った表現

孔子の言葉 (p.97)
exclusive knowledge と inclusive sympathy
"He never tried to dazzle people with his exclusive knowledge.
He merely tried to enlighten them with his inclusive sympathy."

merely = only
inclusive = すべてを含んだ、包括的な
sympathy = 共感、思いやり

"If we have this inclusive sympathy, we have the key that unlocks the door to the audiences' heart."

inclusive sympathyを持つことが、聴衆の心をつかむ第一歩のようです。


==================
★『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』
詳細→ http://tomokotn.blogspot.jp/2013/02/310.html


Chapter 6: Sharing the Talk with the Audience (p.85~97)

第6章 話を聞き手と分かち合う
1 聴衆が関心を持つ話題を織り込む
2 正直で誠意のある評価をする
3 聴衆とあなたの共通点をはっきりさせる
4 聴衆を話のパートナーにする
5 調子に乗らない

==================

英会話クラスの案内
http://tomokoeikaiwa.blogspot.jp/p/blog-page_27.html