2013/10/15

名古屋市科学館で楽しかったもの(1)

名古屋市科学館で楽しかったもの

◆竜巻ラボで竜巻の発生するしくみを知る





◆極寒ラボ(Deep Freezing Lab)でマイナス27度の世界を体験


極寒ラボは定員が決まっており、整理券が必要。

週末などは整理券をもらうのに並びます。


15時の配布開始の15分前に行ったらすでに長蛇の列。

係員さんに「キャンセル待ちになりますがいいですか?」と。

1人だし何とかなるだろうと祈っていたら、

16時30分の最終回の最後の整理券をゲット♪



閉所恐怖症の人、心臓に不安のある方などは体験できません。



防寒コートと長靴が用意されています。

カメラの持ち込みできます。

中の部屋で温度計を確認したらマイナス27度。

この部屋に5分間滞在しますが、すごく長く感じます。



プラネタリウム同様、大人気です。

プラネタリウムの時間も考えつつ、整理券をもらうのに参加者全員で並んでくださいね。





プラネタリウムについてはこちらの投稿を
http://tomokotn.blogspot.jp/2013/10/blog-post_10.html

==============

名古屋市科学館
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

注目の投稿

真田紐(さなだひも) ついこの前まで福山でも作られているとは知りませんでした。広島県福山市神辺(かんなべ)町にある(有)藤井リボンさんが製作されています。 http://fujiiribbon.co.jp/ 真田昌幸・幸村父子が考案したとされる真田紐は、丈夫で...