2014年1月25日土曜日

『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』(8)のメモ

長尾先生とシリーズで開催している『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』第8回目のメモです。

この講座ではデール・カーネギーの著書 "The Quick & Easy Way to Effective Speaking" をテキストとして使い、人前で話すときのコツをなどを学んでいます。




◆英語のショートスピーチ

テーマは「人物」で、人前で話す緊張感を味わうのが一番の目的。
"Star Wars"のYoda、
"The Seven Habits"のStephen R. Covey、
バイリンガール英会話のChika先生
などの話題が出てきました。



◆発音練習

RとLの復習として I love you.  I rub you. を練習。

3種類のアの練習
cat, scatter, ash, catch
up, oven, cut, much
about, assist, work, worm



◆登場するエピソードなど(p.107-117)

あなたに教訓を与えた経験
"you describe an experience that taught you a lesson" (p. 107)
"a single event may be so startling as to cause a change in our conduct" (p. 107)

どんな経験をしたのか(転覆したボートの例 p.108)→説得力のある話で人を行動に駆り立てる
"The incident type of example is particularly powerful when it is based upon a single event that had a dramatic impact upon your life." "you learned an unforgettable lesson" (p. 108)

具体的な描写で話を始める(まず聴衆の注意を引きつけること)
"Here are some opening sentences that drew my attention like a magnet."
(話の始め方の例 p.109)

実例に適切な細部描写を盛り込む。不要な部分は入れない。
”Too many details - unimportant details - make conversation and public speaking a boring test of endurance."
"The secret is to select only those details that will serve to emphasize the point and reason of the talk." (p. 110)
(例 凍った道路ですべった車の話 p.111)

"The more action and excitement you can put into the retelling of your incident, the more it will make an impression on your listeners." (p. 112)


聴衆にしてほしい行動を要点として述べる (p. 113)
聴衆にしてほしい行動+それによって得られる利益を話す
3つの法則:要点は短く具体的に述べる。理解しやすく行動しやすいように表現する。要点を力強く、確信をもって述べる。
"Be precise in telling the audience exactly what you want them to do. People will do only what they clearly understand." (p. 113)

"No matter what the issue is, controversial or otherwise, it is the speaker's responsibility to word his point, the request for action, in such a way that it will be easy for his listeners to understand and to do." (p. 114)



==================
★『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』
詳細→ http://tomokotn.blogspot.jp/2013/02/310.html

Chapter 7: Making the Short Talk to Get Action
第7章 聞き手に行動をおこさせる短い話
1 あなたの人生における出来事を実例にする
2 聴衆にしてほしい行動を要点として述べる
3 聴衆が期待している理由や利益を示す

話の目的
1.行動をおこすように説得すること
2.知識や情報を提供すること
3.感銘を与え、得心させること
4.楽しませること