2014年5月5日月曜日

『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』(10)のメモ

長尾先生とシリーズで開催している『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』第10回目のメモです。

この講座ではデール・カーネギーの著書 "The Quick & Easy Way to Effective Speaking" をテキストとして使い、人前で話すときのコツをなどを学んでいます。




長尾先生の関連ブログ記事はこちら
「例えの使い方は注意が必要」
http://ldcbiz.blogspot.jp/2014/05/blog-post.html




◆英語のショートスピーチ
お気に入りの本、映画、CDなどについて

映画"Pride and Prejudice"(2005)(邦題:「プライドと偏見」)
ジェーン・オースティンの小説『高慢と偏見』が原作。キーラ・ナイトレイ主演の映画。
映画公式サイト(英語)→ http://www.focusfeatures.com/pride_and_prejudice
Yahoo!映画(日本語)→ http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id323368/


写真集「光彩都市」撮影者は三島叡(さとる)氏
http://www.geocities.jp/satoru_mishima/
旅行ネタでしばらく盛り上がりました♪


私は小学生のころからの愛読書「太陽のひみつ」を紹介しました。

私がサイエンス好き、宇宙好きなのは、おそらくこの本の影響。
例えもわかりやすくて素晴らしい本です。



◆発音練習

Z の音の練習(Zは、Sの有声音)


zero [zíːrou]
zebra [zíːbrə]
zinc [zíŋk]
zip [zíp]
zoo [zúː]
zoom [zúːm]
zone [zóun]
Zeppelin [zép(ə)lin]
zzz
Mazda Zoom Zoom Stadium



◆登場するエピソードなど

・目に訴える印象の強さ。交通事故の悲惨さを想像できる例 (p.125)
“You are driving across the country from NY to LA. .. imagine coffins standing upright they are spaced twelve to a mile…”

・専門用語は避ける (p.126)
“If you belong to a profession the work which is technical, be doubly careful, when you talk to outsiders, to express yourself in plain terms and to give necessary details.”

・子どもが理解できるように話す (p.127)

・専門用語の例と言い換え表現:
横隔膜呼吸 (diaphragmatic breathing, p.127)
冷蔵庫の霜取り (defrosting refrigerators, p.128)

・専門用語をどうしても使わなければならない場合は、使ったらすぐに意味を説明する。(p.129) 
Aristotle “Think as wise men do, but speak as the common people do.”
make sure that your hearers accept your keystone words in these specialized fields in the same sense in which you accept them”


5 視覚的な補助手段を用いる  (p.130)
Use visual aids

・目から脳に通じる神経は、耳から脳にに通じる神経の何倍も太い。

・日本のことわざ百聞は一見にしかず
“One seeing is better than a hundred times telling about” (p.130)

・理解度がより深まる:言葉だけ→絵、図を使用→写真を使用

・図表・見せる資料 (exhibits) を使うときの注意点 (p.130, 131)

・明晰clarityへの情熱:リンカーンの言葉 “the ability to be clear is the result of training and discipline” (p.131)

・一発で射とめる:散弾銃でなくライフルで狙いをつける (p.132)
"Don't shoot at your meaning with birdshot and hit the whole countryside; shoot with a rifle at the thing you have to say."


テキストに書いてある例えも、私たちにはなじみのないものもあります。
日本にないので知らない、世代が違うので知らないこと。

聞いている人が あーそういうことか! と納得できる例を出すには、
日頃からいろんなことに関心を持っていないといけませんね。


余談
birdshot をグーグル画像検索したところ、
散弾銃で撃たれた人の写真が出てきて怖かった。



==================
<追記2014.5.31>

見なきゃ↓↓↓

11 must-see TED Talks (11 talks)
http://www.ted.com/playlists/77/11_must_see_ted_talks


Ken Robinson: How schools kill creativity

David Gallo: Underwater astonishments

Sarah Kay: If I should have a daughter ...

Hans Rosling: The best stats you've ever seen

Chimamanda Ngozi Adichie: The danger of a single story

Johnny Lee: Free or cheap Wii Remote hacks

Brené Brown: The power of vulnerability

Bryan Stevenson: We need to talk about an injustice

Bjarke Ingels: 3 warp-speed architecture tales

Amy Cuddy: Your body language shapes who you are

David Christian: The history of our world in 18 minutes


==================
★『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』
詳細→ http://tomokotn.blogspot.jp/2013/02/310.html


8. Making the Talk to Inform
Restrict your subject to fit the time at your disposal
Arrange your ideas in sequence
Enumerate your points as you make them
Compare the strange with the familiar
Use visual aids

第8章 知識や情報を提供する話
1 持ち時間に合わせて話題を限定する
2 考えを順序よく整える
3 要点に番号をふって列挙する
4 よく知られているものに喩える
5 視覚的な補助手段を用いる