2014年5月4日日曜日

木版画展:タイラ コウ@くわみつ&ジュディ・オング倩玉@ふくやま美術館

木版画展ふたつ、1週間おきに行きました。


木版画というと、小学生のときに彫って

黒インクで一色刷りしたものしか思い浮かびませんが、

北斎などの浮世絵も木版画なんですよね。

多色刷りってどうなってるの?

紙は、ずれたりしないの?

そんな謎だらけの木版画の世界ですが、とりあえず見に行ってきました。



タイラ コウ 木版画展 ~北斎とへくさい~@ギャラリーくわみつ
http://kuwa2011.exblog.jp/20539437/

最終日におじゃましたところ

ちょうどご本人もいらっしゃって、

いろんな版画の刷りかたについてのお話をうかがいました。

富士山シリーズ、4タイプの色合いでそれぞれいい。



めで鯛(たい)、ありが鯛(たい)シリーズもおもしろい。

アーティストの発想など私には考えつかないことばかりで

とても刺激を受けます。



タイラコウさんの木版画展は終了しましたが、

ふくやま美術館では6月15日まで

「ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展」を開催しています。



台湾出身の歌手ジュディ・オングさんは

版画家としても長年活動もされているそうで

題材は日本家屋、台湾の建物、花など。

それぞれ説明が書かれているので、初心者も楽しめる展示会です。

ドイツのマイセンの陶板モチーフに採用された「カトレア」もお見逃しなく!

製作過程の様子もビデオで流されています。



================

タイラ コウ
http://www.kcv.ne.jp/~tk5029/mokuhangakouzatop.html


大黒ギャラリーくわみつ
広島県福山市大黒町1番1号
TEL 084-922-3323 
http://kuwamitsu.net/


ふくやま美術館
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyama-museum/

ジュディ・オング倩玉
画像検索結果

「ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展」