2014年7月11日金曜日

『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』(11)のメモ

長尾先生とシリーズで開催している『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』第11回目のメモです。

この講座ではデール・カーネギーの著書 "The Quick & Easy Way to Effective Speaking" をテキストとして使い、人前で話すときのコツをなどを学んでいます。



興味深いスピーチに、心を動かされるスピーチ、各国のフリーマーケットの話題まで、学びの多い時間です。

日曜日の夜なので、行くまでは面倒なのですが、みんなで自由に発言しながら勉強すると興味深い話題がたくさん出てきて、帰る頃には楽しかった♪という充実感でいっぱいになります。



◆英語のショートスピーチ
ホワイトボードまたはVisual Aidを使って何か説明

日本酒についてのスピーチに関連して

Obama大統領が飲んだ賀茂鶴
http://en.rocketnews24.com/2014/04/26/drink-like-a-world-leader-with-the-10-sake-president-obama-and-prime-minister-abe-shared/

海外で人気がある日本酒DASSAI
"We brew sake for sipping, not sake for drinking, nor sake for selling."
http://www.asahishuzo.ne.jp/en/
Dassai: How a Rural Sake Brewery Took On the World
http://www.nippon.com/en/features/c00618/


単語
日本酒 = Japanese sake, rice wine
日本酒を醸造する = brew sake
精米する = polish rice
米麹 = koji mold, rice mold, fungus, yeast
発酵 = fermentation



◆発音練習

口の中の図解説明& "L"の発音の種類の説明をしました。 

(すみません、次の図にミススペルあり。 誤:tonge  正:tongue )



L の音にはいくつか種類があり、

それぞれ舌の接触面積や接触場所が違うことを説明


(資料は英語音声学の教科書をもとに作成)

発音しやすいL、発音しにくいLがあることを理解してもらいました。



◆登場するエピソードなど

Chapter 10: Making Impromptu Talks
第10章 聞き手を楽しませる即興の話

日常的に要求される能力。
自分の考え方をまとめて、即興に話す能力は、絶対に必要。

1.即興の話を練習する  Practice Impromptu [imprɑ́mptjuː] Speaking

練習方法①
紙切れにテーマをひとつずつ書く。紙を混ぜて一枚引く。
そのテーマについて1分間話す。(p.148) 
指名されたら立ち上がり、与えられた主題について話してみる。
この練習による効果
・People can think on their feet. だれでも機転を利かせることはできる。
・This experience makes them much more secure and confident. 自信がつく。

練習方法②
連鎖技術のゲーム linkage technique of impromptu speaking (p.149)
素晴らしい言葉を使ってストーリーを順々につないでいく。

2.心の準備をしておく 
Be mentally ready to speak impromptu (p.150)
いつでも話せるよう心の準備をしておく
Condition yourself mentally to speak impromptu on all occasions.
時と場合に合うように組み立てる 
Fit the time and the occasion.

3.すぐ実例を使って話し始める 
Get into an example immediately (p.151)
Chapter 7参照。Communication is a two-way process.

4.生き生きと力強く話す 
Speak with animation and force. (p.151)

5.「その場そのとき」の鉄則に徹する 
Use the principle of the here and there. (p.152)
三つの話題の源 (the audience, the occasion, feelings/comments on what other speaker said)

6.即席でなく即興の話をする 
Don’t talk impromptu --- Give an impromptu talk (p.153)
Keep your ideas logically.
Pay carefull attention to the other speakers. Try to be ready to condense your ideas into a few words. 
雑談の延長にすぎないと心得る
Speak standing up


==================

次回のスピーチトピックは10年以内にやってみたいこと10個。なんとなくやってみたいけど、まだ手をつけていないこと。

★『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座』