2014年8月28日木曜日

夢を叶えたい人は必読!『アルケミスト - 夢を旅した少年』

「夢を叶えたい人は必見!」と言われ、『アルケミスト - 夢を旅した少年』を読みました。




第10回 食と経済の世界ツアー ブラジル編
http://tomokotn.blogspot.jp/2014/07/embraer.html

で紹介されたブラジル人作家の本で、

サン・テクジュペリの『星の王子様』と並ぶ世界的なベストセラーだそうです。


私は『星の王子様』を読むのを途中であきらめましたが、

『アルケミスト』はある意味冒険物でとても面白かった。



主人公は羊飼いの少年サンチャゴ (Santiago)。

スペインのアンダルシアをスタートして

ピラミッドにあるという宝物を探しに旅に出ます。

外国、ピラミッド、砂漠、キャラバン…という言葉でワクワクするのですが、

少年が旅先で出会う人々の言葉に深いメッセージが込められています。



「おまえが何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するために助けてくれるのだよ」



英語版ではどんな表現が使われているのか調べてみました。

“When you really want something to happen, the whole world conspires to help you achieve it.”


他にも素敵なメッセージがいろいろ

“You will never be able to escape from your heart. So it's better to listen to what it has to say. That way, you'll never have to fear an unanticipated blow.”

“The secret is here in the present. If you pay attention to the present, you can improve upon it. And, if you improve on the present, what comes later will also be better."

“I'm like everyone else - I see the world in terms of what I would like to see happen, not what actually does.”

“Learn to recognize omens, and follow them”
omen = 前兆 (前兆はsignかなと思ったけど、引用を見ると omen のようです。)


英語での引用をもっと読みたい方はこちら
http://www.goodreads.com/quotes/tag/the-alchemist



夢が叶わないときは、あと一歩のところであきらめてるのかもしれません。

夢を忘れたとき、やっていることの意味が見いだせないときなどに、

この本を読むと勇気が湧いてくるでしょう。

==============

アマゾンの英語版の紹介より

"The story of the treasures Santiago finds along the way teaches us, as only a few stories can, about the essential wisdom of listening to our hearts, learning to read the omens strewn along life's path, and, above all, following our dreams."

==============
『アルケミスト - 夢を旅した少年』
日本語版
英語版

タイトルのalchemistは錬金術師という意味。

パウロ・コエーリョ
Paulo Coelho
1947年リオ・デ・ジャネイロに生まれる。