2014年9月19日金曜日

『ビリギャル』を読んで英語試験対策を考える

『ビリギャル』の本を読んで、改めて英語試験対策を考えました。


『ビリギャル』の本とは?
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
坪田信貴著
公式サイト
http://birigal.jp/



帯にある
「ダメな人間などいません。
ダメな指導者が
いるだけなのです。」
の言葉を肝に銘じて、指導者として精進していきます。


本著によると、大学受験に必要なことは3つ
メンタル、目標、計画。

指導者は本人のやる気を引き出して、
目標達成への道筋を示せるようなにならないといけませんね。



さて、英語試験の話。

英会話習得の道のりは長く、
また上達具合のチェックが難しいので、
年1回英語テストの受験を推奨しています。


◆受験に向けて準備
なぜ受験したいか?
受験するとどんないいことが待っている?
受験することを公言する。
絶対受かる、やればできると信じる。
支えてくれる人、一緒に勉強する人を見つける。
良い指導者に出会う。
など


◆受験申込
まずは試験日程を確認し、とりあえず申し込む。


◆勉強の計画を立てる

敵を知る=過去問から試験の傾向を知る。

過去問3回分を解く。
①時間を計って解く。
②時間無制限で残りを解く。

己を知る=現在の自分のレベルチェック

パート別正解率と、時間あり・なしで比較。
どの分野を伸ばせば一番早く合格点に到達できるか分析。



◆教材を選ぶ

問題集
本屋で実際に手に取り、パラパラ見て6割くらいは答えがわかるもの、
なるべく薄いもの(短期戦の場合は特に)、
迷ったら楽しそうな方を買う。


さらに余裕があれば強化したい分野別に問題集を購入。
・中学英文法、高校英文法の基礎
・語彙・イディオム集


長文は興味のある分野の英文を読み慣れるところから始めても良いでしょう。