2014年11月29日土曜日

香道体験 三夕香(さんせきこう)

紅葉がきれいに色づいた頃、博物館で開催された香道体験に参加しました。


香道(こうどう)は室町時代8代将軍 足利義政(よしまさ)のとき大成したそうです。


志野流(しのりゅう)の香道で

三夕香(さんせきこう)という香りを当てる遊びを体験しました。


まず香木の香りの名前の説明から

「槙立山」 (まきたつやま)
「鴫立沢」 (しぎたつさわ)
「浦の苫屋」 (うらのとまや)

新古今和歌集の「三夕の歌」から名前が付けられているそうです。


「槙立山」と「鴫立沢」の香炉(こうろ)が順番に回ってきて

香りを聞き(嗅ぐ のではなく 聞く というそうです)

それぞれの香りを色やイメージに例えて覚えます。


そのあと「出香(しゅっこう)」と言って 

上記3種の香炉が回ってきます。

香りを聞いて、どの順番で回ってきたかを紙に記入します。

直感が大事だそうです。


当たらなかったけど、自然界の良い香りに癒されました。




おまけは、志野袋。紐の結び方がいろいろあるそうです。


==========
新古今和歌集の「三夕の歌」

「さひしさは其の色としもなかりけり槙立山の秋の夕暮」
さびしさは そのいろとしも なかりけり まきたつやまの あきのゆうぐれ
寂蓮(じやくれん)法師

「心なき身にもあはれはしられけり 鴫立つ沢の秋の夕暮」
こころなき みにもあはれは しられけり しぎたつさわの あきのゆうぐれ
西行(さいぎょう)法師

「見渡せば花ももみちもなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮」
みわたせば はなも もみじも なかりけり うらのとまやの あきのゆうぐれ
藤原定家(ふじわらのさだいえ)