2014年12月24日水曜日

S大式○○

スタンフォード大学が最近のキーワード


ひとつはマクゴニガル先生の本

スタンフォードの「英語ができる自分」になる教室
http://tomokotn.blogspot.jp/2014/12/blog-post_8.html



もうひとつはS.ジョブズのスピーチ@スタンフォード大学の卒業式

Commencement address delivered by Steve Jobs, CEO of Apple Computer and of Pixar Animation Studios, on June 12, 2005.

http://news.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html

(3:32-4:10)
"Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country. Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed. Because I had dropped out and didn't have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this. I learned about serif and san serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great. It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can't capture, and I found it fascinating."

calligraphy = カリグラフィ(アルファベットの書道)
serif and san serif typefaces = セリフ書体やサンセリフ書体
artistically subtle [sʌ́tl]= 芸術的に繊細な

この部分はマックのデザインの美しさの原点を表しているのでしょうね。

1月25日から始まる『カーネギーに学ぶスピーチ・プレゼン術講座 実践編』で
この一節を音読練習します。


上記リンク先に動画もあるので
じっくり聞いて、テキストを音読してみてください。

=========

「ハングリーであれ。愚か者であれ」 ジョブズ氏スピーチ全訳
米スタンフォード大卒業式(2005年6月)にて
(1/6ページ)2011/10/9 12:00 日本経済新聞