2016年4月27日水曜日

ヴィーナスカレー@大塚国際美術館

福山から車で徳島県鳴門市にある「陶板名画美術館」 (″Ceramic Board Masterpiece Art Museum″)の大塚国際美術館へ。


美術ボランティアによる定時ガイド9:40の回に参加。2時間のツアーで初心者にもわかりやすく、絵画の見どころを聞く。

壊れない限り2000年持つと言われる陶板名画。モザイク画などは、陶板に釉薬を盛りつけてそれっぽく仕上げてある。有名な名画もここなら至近距離で見れるし、火災で焼けてしまって残っていない名画があったり、修復前と修復後の絵の比較展示もあって、見どころは盛りだくさん。

もちろん本物と質感は違うんだけど、見たかった絵画が見れて嬉しかった。

『バベルの塔』(The Tower of Babel) (ブリューゲル(父)(Pieter Bruegel the Elder))

『貴婦人と一角獣』(仏:La Dame à la licorne、英:The Lady and the Unicorn)の「我が唯一つの望みに」 (À mon seul désir)タピスリー(タペストリー)
http://www.mmm-ginza.org/museum/special/backnumber/0712/special01-02.html

いつか本物を見てみたい。



ツアー後、カフェ・ド・ジヴェルニー(B2F)にてランチ。

ボッティチェッリ(Botticelli)の『ヴィーナスの誕生』(伊: La Nascita di Venere、英: The Birth of Venus)にちなんだヴィーナスカレー(Venus curry)(1000円)を注文。


ホタテの貝殻(scallop shell)プレートに入ったシーフードカレーを「モネの池」のほとりでいただく。



ランチ後、さらに2時間近く館内をうろうろして、ギャラリーショップで終了。


ピカソ(Pablo Picasso)の『ゲルニカ』(Guernica)前で、外国人グループに出会いました。英語グループとたぶんフランス語グループ。



中野京子さんのこの本が読みたくなりました→
名画の謎 旧約・新約聖書篇 (文春文庫)


============

美術館開館時間の40分前に駐車場に到着(まだ駐車場が開いていない)。
30分前に駐車場に入る。始発のシャトルバスで美術館へ。
チケット売り場前(現金用とクレジットカード用がある)に並ぶ。

定時ガイドは毎日複数回

チケット:前売り券はコンビニの場合、発券手数料がかかるのであまりお得にならないが、チケットを買う時間が節約できる。JAFの割引なし。

館内にリターン式のコインロッカーあり


大塚国際美術館
http://www.o-museum.or.jp/

OTSUKA MUSEUM OF ART
Address: Naruto Park, Naruto-cho, Naruto-shi, Tokushima 772-0053
Phone: +81-88-687-3737
Opening Hours: 9:30 am to 5:00 pm (Closed on Monday)
Admission: 3240 yen for adults
English Web Site: http://o-museum.or.jp/english/

Ceramic Board Masterpiece Making Steps
http://o-museum.or.jp/english/publics/index/17/