2016年6月17日金曜日

オバマさん広島スピーチ関連

金曜日と土曜日の英会話クラスでは、オバマさんの広島スピーチを抜粋したものを配りました。リクエストがあれば音読もしています。

最近 ponder という単語の意味を知ったのですが、この単語がスピーチの最初の方に出てきて、ニュースを聞きながら「おぉっ、あの単語が出てきた!」とちょっと感動しました。

"Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not so distant past."


ponder = to think about or consider (something) carefully
http://www.merriam-webster.com/dictionary/ponder より



印象に残ったキーワードは choose (ちゅーず)。

"We can learn. We can choose."

"That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening." (スピーチの最後の文)

どんな世界にしていくか、賢く選んでいきたいですね。




対訳版になっていて読みやすいブログ
オバマ大統領の広島演説で英語の勉強(英文・和訳対比)



いろいろ特集本も出されています。


[生声CD&電子書籍版付き] オバマ広島演説
広島演説「道義的な目覚めの始まり」とプラハ演説「核なき世界を目指す」
CNN English Express編 (著)
Kindle版と紙版があります。


CNN ENGLISH EXPRESS (イングリッシュ・エクスプレス) 2016年 7月号
CNN English Express編 (著)
緊急企画として、オバマ大統領 「広島メッセージ」が入っています。音声はダウンロードするようです。
Kindle版と紙版があります。


The Japan Times News Digest 2016.6 臨時増刊号― 核なき世界へ 米大統領演説集
ジャパンタイムズ (著)
広島演説の生音声を完全収録、オバマ広島演説CD1枚つき

本人生音声でのスピーチは
・オバマ大統領のHiroshima Speech 広島演説[2016年5月27日]、Prague Speechプラハから、核なき世界へ[2009年4月5日]、Inaugural Address 大統領就任演説[2009年1月20日]
・ケネディ大統領のCommencement Address at American University アメリカン大学卒業式での平和演説[1963年6月10日]
・アイゼンハワー大統領のAtoms for Peace 原子力は平和のため[1953年12月8日]

スクリプトも対訳も単語解説も付いて、たったの756円!
聞くのが辛いスピーチもありますが、
核兵器と平和に関する英語表現を学びたい人におすすめ。



スピーチの気に入った部分を何度も聞いて音読してみましょう。