2017年1月4日水曜日

EJ May 2015号よりMichelle Obamaさんのスピーチ

12月に英会話サロンに顔を出したら、雑誌『English Journal』 May 2015号をいただきました。英語を学ぶのに長い間お世話になった雑誌で、今でもときどき読みます。


表紙は、SHERLOCK(シャーロック)で名前を知った Benedict Cumberbatch ベネディクト・カンバーバッチ。彼のインタビューも入っていましたが、苦手なイギリス英語(汗)


さて、アメリカのファーストレディ交代の日が近いですが、Michelle Obama ミシェル・オバマさんの北京大学でのスピーチも収録されていました。中国人学生とアメリカ人学生に向けたスピーチ。『English Journal』付属CD track 16。素晴らしかったのでちょっと紹介。


CCTV AMERICA: Michelle Obama Visits Peking University
2014.3.22


こちらのニュース映像の1:29~1:54の部分に、Michelle Obama さんのスピーチの一部が登場。
スクリプトは
"we believe that relationships between nations aren’t just about relationships between governments or leaders --- they’re about relationships between people, particularly young people.  So we view study abroad programs not just as an educational opportunity for students, but also as a vital part of America’s foreign policy."

vital = 重要な
foreign policy = 外交政策

スピーチのスクリプト全文はこちら
Remarks by the First Lady at Stanford Center at Peking University
https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2014/03/22/remarks-first-lady-stanford-center-peking-university


"studying abroad is about so much more than improving your own future.  It’s also about shaping the future of your countries and of the world we all share."

"Because when it comes to the defining challenges of our time -– whether it’s climate change or economic opportunity or the spread of nuclear weapons -- these are shared challenges.  And no one country can confront them alone.  The only way forward is together."

studying abroad = 留学
shaping the future = 将来を形づくる
shared challenges = 共通の問題
confront = 立ち向かう


留学によって得た経験やつながりが、将来世界の共通問題を解決していくきっかけとなりますように。


============-
ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2015年 05月号
アマゾンはこちら