「大エルミタージュ美術館展」とローストビーフ丼

東海地方での仕事が終わって、ほっと一息。

愛知県美術館(名古屋)で開催中の「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」(Old Masters from the State Hermitage Museum)に行きました。愛知県美術館(Aichi Prefectural Museum of Art)はオアシス21の隣りのビルにあり、地下鉄東山線・名城線「栄」駅からすぐ。



エルミタージュ美術館はロシアのサンクトペテルブルクにある世界3大美術館のひとつ。英会話の生徒さんが「今度エルミタージュ美術館に行きます。」という会話がきっかけで初めて知った美術館。創立は1764年、エカテリーナ2世がベルリンの実業家から317点の絵画を取得したのが始まり。

「hermitage」はフランス語で「隠れ家」の意味。

英語では
hermit = 隠者、世捨て人
hermitage  = 隠者のすみか


「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」

100円割引券(要印刷)

チケット売り場で並ぶのが嫌な人は、事前にチケットを購入しておくと良いです。



音声ガイドは2種類。

まずはエカテリーナ2世の肖像画にごあいさつ。経歴を読むとクーデターを起こして夫を廃位に追い込んだ女性らしい。

エカテリーナ2世については、マンガを読んでみます。


人の少ない展示室から見て回りました。知らない絵がほとんどでしたが、ざっと見て気になった絵を、もう一度じっくり眺めました。バルトロメ・エステバン・ムリーリョの『受胎告知』がとてもキュートだったので、ポストカードを買いました。



旅行で現地に行きたい人はこちらも。
Travel.jp 世界最大規模!ロシア・エルミタージュ美術館を完全制覇 



美術館のあとは名古屋在住の同級生に教えてもらったローストビーフ丼のお店ロビコネへ。美術館のすぐ近く。お盆だったからか行列もなく、すぐに店内に入り食券を購入。選んだのはスタンダードな「ロビコネ85(並)"Original" Regular Size 880 yen」(味噌汁付き)。店内は細長く、キッチン、カウンター席、テーブル席。おひとり様だったのでカウンター席へ案内されました。



ローストビーフは赤身のやわらかいお肉で、オニオンソースとマヨネーズソースとよく合います。

ロビコネ 名駅店もあるみたいなので、名古屋で乗り換えのときに探してみよう。


=============
大エルミタージュ美術館展
兵庫県立美術館で2017年10月3日(火)~2018年1月14日(日)まで開催
http://hermitage2017.jp/
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1710/index.html

ロビコネ 東桜店
052-953-5115
愛知県名古屋市東区東桜1-10-6


このブログの人気の投稿

ビアガーデン、ビアホール情報2016年(福山市)

アムステルダムの風景(オランダ)

オランダ〜飲み物の記録