色の理論を学んでアートパネルを作る講座

輸入壁紙を使って『色から始めるインテリアイメージの作り方』

こちらで紹介されている講座に参加しました。
http://marthamm.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

色理論の講師は、建築カラープランナー®でインテリアコーディネーターの中村さん。サポートはWallpaper factory HALEの岡本さん。



色理論の基礎を知って、自分のイメージにぴったりなアートパネルを作って持ち帰れるという素晴らしい講座。しかも使う材料が、眺めるだけで気分が上がる輸入壁紙!

アートパネル

インテリアの各イメージと色理論の基礎を学んだら、イメージを決めてから作業開始。

目指したいのは『エレガント』。でも『エレガント』はブルーベースなので、『シック』で『エレガント』というコンセプトに。『シック』だとブルーベースでもイエローベースでもいける。私は肌の色がイエローベースなので、インテリアもイエローベースがしっくり来るそうです。

Wallpaper factory HALEさんが取扱う輸入壁紙から、これ好き!イメージに合いそう!と思う壁紙を数枚選びます。色合わせはアドバイスしてもらえるので、間違いなく素敵な組み合わせになります。

部屋の壁に掛けてみた

「寄せていく」という表現を使われていましたが、このアートパネルに合うものを部屋に置いていくと、だんだんイメージする空間が作れるそうです。ファッションにも応用できます。持っている服のカラーもこれでチェックすれば、『シック』で『エレガント』が目指せます。(←持っていない色が多いですが、これでファッション迷子から卒業できるかも!?)


==========
marthaのmarché
~カラーとインテリアの力で心地よく~
http://marthamm.blog.fc2.com/

Wallpaper factory HALEのFBページ→こちら
ワークショップ情報→ http://hale-fukuyama.com/workshop/

Interior Photos
https://www.pexels.com/search/interior/


注目の投稿

最近英会話クラスで取り入れているのは、Pictionary(ピクショナリー)というお絵かきゲーム。 このゲームは大好きで、アメリカから持って帰りました。 クラスでの活用方法 ①英単語の書いてあるカードを数枚ずつ配る。 ②各自、お絵かきする単語を決める。 ③一人目の...