2011年2月28日月曜日

アイネス フクヤマ(ines FUKUYAMA)竣工


アイネスフクヤマが竣工し、駅前の景観ががらりと変わりました。
The construction of ines FUKUYAM has been completed.
It drastically changed the view in front of the station.





複合ビルなので目立つ建物が3つあります。

一番背の高い28階建てのビルがマンションのローズタワー

16階建てのリッチモンドホテル(3月1日オープン)、

そして駅前大通りに面した7階建ての駐車場。

これら3つの建物がつながる部分が商業フロアで、4月1日にオープンです。




商業フロアに入るテナントですが

地元のフリーペーパー「ぷれすしーど」2月25日号によりますと

セレクトショップの「PARIGO」(パリゴ)
http://www.parigot.co.jp/parigot/index.html

ネイチャードーナツの「フロレスタ」
http://www.nature-doughnuts.jp/index.htm

など21店舗が19日に発表されたそうです。

2階にはヘアサロンやクリニックなど、3階は学習塾(ワオ・コーポレーション)だそうです。


福山駅前のバスターミナルより
2011年2月13日撮影



オープニングイベント情報や店舗詳細は次号以降で発表されるようです。

店舗詳細が気になります♪


====================================

アイネス フクヤマ
http://www.ines-fukuyama.jp/


フリーペーパー「ぷれすしーど」
http://www.press-seed.net/


フローレンス福山ローズタワー(マンション)
http://rose-tower.jp/project.php
マンションからの眺望はこちら↓
http://rose-tower.jp/view.php


リッチモンドホテル福山駅前
http://richmondhotel.jp/fukuyama/index.php

2011年2月24日木曜日

ノルディック・ウォーキング体験会 in 福山城


2月20日にノルディック・ウォーキング体験会が

福山城および周辺で開催され、スタッフとして参加しました。




今回の私の役割は

・ノルディックのポールを持って、集合場所の福山駅前の「釣り人像」前で待機する

・写真係

・福山城のガイドさんの手配

でした。




「ノルディックウォーキング体験会 in 福山城」の様子を少しご紹介♪




寒い朝でしたが、予定どおり「釣り人像」前に集合し、みんなで福山城公園(天守閣前)へ。

最初にウォーキング用のポールの長さ調節

準備体操をして、ポールを使って歩く練習

気を付けるポイントをひとつずつ段階的に体得


ポールを使って無理なく歩けるようになったので、美術館・博物館前へ移動



美術館・博物館前を数往復ウォーキングして、コツをつかみました。


初対面の方ともおしゃべりを楽しみながらウォーキング♪




最後の30分は、2組に分かれました。

続けてノルディック・ウォーキングをする組と、観光組に。

観光組は、福山城のガイドさんと一緒に本丸・二之丸をめぐりました。

上の写真は、伏見櫓(ふしみやぐら)の石垣の角を見て、

算木積み(さんぎづみ)だよって説明を聞いているとこ。



* 算木積み(さんぎづみ)とは

石垣の角に使われる石の積み方で、直方体の長い面と短い面が交互に積んであります。

http://shofu.pref.ishikawa.jp/inpaku/castle/look/ishigaki_14.htm

http://www.osakacastle.net/history/noshock/kokuin/kyoseki/kyo5.htm




和やかな雰囲気で体験会は終わりました♪

次回は4月17日(港町公園)の予定です。




============================
集合場所の釣り人像について

正式名を「五浦釣人像」といいます。

井原出身で福山の名誉市民である彫刻家・平櫛田中(ひらくしでんちゅう)の作です。

1975年に新幹線開通と福山駅舎の落成を記念して建立されました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%AB%9B%E7%94%B0%E4%B8%AD





2011年2月23日水曜日

エスプレッサメンテ イリー


illy(イリー)のカフェを見かけたので立ち寄りました。




白い壁、赤いテーブル、黒いイスの素敵なインテリア空間で

しばし現実を忘れ心はイタリアへ。(実際に行ったことはないけど...)




存在感主張しすぎなカップ(笑)

飲み応え200%。

ラッテとか頼むとこのカップみたいです。





=====================
エスプレッサメンテ イリー
http://www.espressamenteilly.jp/

2011年2月22日火曜日

台湾旅行~食べ物の記録(2)


宿泊先での無料の朝食。


おかゆにショウガをたっぷり混ぜて食べた。

朝から代謝があがりそう。




コンビ二(セブンイレブン)で買った飲み物





7SELECTの商品!

パッケージの写真どおり太いストローをレジでくれました。



コーヒーゼリーとミルクティーの組み合わせが不思議。
Coffee Jelly Milk Tea
「大満足」の表示

冬瓜仙草、これは何なのかよくわからなかった。






ビタミンCたっぷりのジュース


日本では使わない漢字も多いけど、意味を勝手に想像して解読するのはおもしろい。




それにしても台北にはコンビニが多い。

ファミリーマートやセブンイレブンに入ると

外国にいること忘れちゃう。

2011年2月21日月曜日

台湾旅行~食べ物の記録(1)


台北で食べた物の記録。



■■■ 「京兆尹」(チンツァオイン)にてお茶と宮廷菓子
お菓子の説明は最後のリンクを参照

ウーロン茶とジャスミン茶のブレンド。
フタを載せたまま少しずらして飲みます。




■■■ 夕ごはんのお店、名前メモしていない...

同じツアーの方と9人で楽しくお食事♪

くるくる回る中華テーブルに次々料理が並べられていくのがおもしろい。
おとなりの方の台湾ビール

厚揚げの炒め煮?





■■■ お茶セミナーで、お茶の飲み比べ。


ハスの実のお茶請け



■■■ 「梅子餐廳」にてお昼ごはん



角煮、意外とあっさり

カキともろみの煮炒め




 
■■■ 大人気店「鼎泰豊」(ティンタイホン)で小籠包

一番楽しみにしていた小籠包♪

酢+しょう油をお好みにブレンドし、ショウガをトッピングして食べます。

エビ、お肉、野菜といろんな種類があります



食べやすい味のものが多かったです。

たまにアジアンな香りのするスパイスが入っている料理がありましたが

気になるほどではありませんでした。


台湾旅行~食べ物の記録(2)へ続く

===========================

「京兆尹」(チンツァオイン)
http://www.taipeinavi.com/food/128/

「梅子餐廳」
http://www.taipeinavi.com/food/587/

「鼎泰豊」(ティンタイホン)(本店)
http://www.taipeinavi.com/food/19/

2011年2月20日日曜日

ジャスミンティーと茶器


時間と心に余裕があるときは、ゆっくりとお茶の時間を取ります。




最近のお気に入りのカップはこれ。


フタ付き茶漉し付きのマグカップです。


湯を注いでフタをしてしばらく待ちます。

飲み頃になったら、フタを取り、ひっくり返してテーブルに置きます。

茶漉しを取り出し、ひっくり返したフタの上に置きます。



このカップでよく飲むのはジャスミンティー。


これは台湾のジャスミンティーの缶のラベル。

========================

【お茶にまつわる名言】
Quotes about Tea


"Tea is liquid wisdom." ~Anonymous


"Tea is instant wisdom - just add water!" ~Astrid Alauda


"There are few hours in life more agreeable than the hour dedicated to the ceremony known as afternoon tea." ~Henry James, The Portrait of a Lady


agreeable = 心地よい、快適な
dedicate = 打ち込む、専念する

2011年2月18日金曜日

九份茶坊(台湾のお茶屋さん)


台北からバスで約1時間の町、九份(きゅうふん、ジォウフェン)を訪れました。

この町は、「千と千尋の神隠し」」(英語の題名:Spirited Away)のモデルと言われています。




冬の台湾、きっと広島より暖かいだろうと思ったら

台北は上着が必要なくらい寒く、山の上にある九份はもっと寒かった。

訪れた日は、あいにくの雨と風。そしてとにかく寒い。

ガイドさんについて商店街を歩き、

湯婆婆の屋敷のモデルになったというお茶屋さん「あめおちゃ」の説明が終わったら、自由行動。




寒いし、これ以上雨に濡れるのもイヤなので、

「九份茶坊」というお茶屋さんでのんびり過ごすことに。




席に通されると暖かい。火鉢の前でしばし佇む。

テーブル横の火鉢

日本語が話せる店員さんに

お茶を1種類選ぶように言われました。

飲んだことがないお茶を飲もうということで

選んだのは「杉林渓烏龍」。


店員さんが、お茶の入れ方を説明してくれる。



お茶を飲むとほっと落ち着く。

ほのかに甘みのあるお茶です。



お茶のチーズケーキ

お茶のクッキー



お茶屋さんのテラスから見える景色






座った席のとなりにあったランプ


龍(dragon)がここにも


店内の様子


下の階には素敵な茶器あり、
一点ものも。


暖かいお茶で、生き返りました。やっぱりお茶っていいですね~♪