2010年11月17日水曜日

浅口の安倍晴明ゆかりの地~寄島編


岡山県浅口市には安倍晴明ゆかりの地がいくつかあることを知り、

地図を持って探検(?)してきました。


目的地は

浅口市寄島町にある大浦神社



大浦神社の有名なものといえば

競馬神事(けいばしんじ)



何にでも勝つの願いを込めたお守り「勝守」(かちまもり)。



「勝守」は金色の袋に馬の絵柄のお守りで、

勝負に勝つ!仕事に勝つ!恋愛に勝つ!人生に勝つ!

と何にでも勝つ!という気合の入ったお守りです。



では、境内の様子を少しご紹介。

石灯篭が並ぶ参道

拝殿(はいでん)

明治の頃にはあったそうです。

屋根は瓦から銅版に葺き替えられたそうです(地震対策)。


なんだろう?


一番気になったのが、これ。方角を表しているそうです。  



本殿

とっても立派です。昭和2年ごろ、塩田で財を成した方ひとりの力で建て替えられたとか。

境内が広いので実感がわかないですが、岡山一(だったかな?)大きな本殿。

社紋(神社の紋)は「五七の桐」。



話し好きな神主さんが、境内をうろうろしている私たちに少し説明してくださいました。

私は神主さんのお話しを聞きつつ、お召しになっているきれいな織物の衣装に見とれていました。

平安時代ってこんなの着てたのかなぁとか。



競馬神事は毎年10月にあり、神馬2頭が境内を12往復するそうです。

いつか見に行ってみたいな。

「勝守」も手に入れて、何にでも勝つぞ!という前向きな気持ちになりました。

===================
大浦神社

浅口市観光情報