2010年11月30日火曜日

倉敷でのんびり休日


お休みの日に倉敷へ行きました。



倉敷に住んでいる友達とランチを食べて、

そのあとひとり美観地区へ。

大原美術館で名画鑑賞。




約10年ぶりに訪れた美観地区。

紅葉がちょうど見頃でした。




大原美術館に行ったのは初めて。


陶芸作品とか建築物とか形があるものを見るのは好きだけど

絵画にはそこまで興味がない。


館内でも絵画より建物に興味持って見てたかも。

窓枠階段の手すり、床...




じっくり鑑賞した絵画は

エルグレコの「受胎告知」 ("Annunciation")



棟方志功の板画



のんびりと良い時間が過ごせました。



特別展「大原BEST」は12月5日まで

http://www.ohara.or.jp/201001/jp/index.html


============================

大原美術館(Ohara Museum of Art)
岡山県倉敷市中央1-1-15
TEL 086-422-0005
http://www.ohara.or.jp/


以下のサイトからアンケートに答えて、そのページを印刷して持っていくと
入館料が100円割引になります。
http://www.ohara.or.jp/201001/jp/I/I2a.html

2010年11月23日火曜日

陶芸作品焼き上がり


先月、作った陶芸(pottery)作品が焼き上がりました。

作ったときの様子はこちら↓
http://tomokotn.blogspot.com/2010/10/blog-post_14.html



最初見た感想は、「あっ、縮んだ!」

思っていた以上に粘土(clay)が収縮したようです。



緑の小物入れ と
 
ドレッシングボウルになるはずの白い注ぎ口のついたボウル 



白いボウルは、もう少し深さがほしかった...



今回、釉薬(glaze)は4種類用意されていて、好きなものを選びました。

白い釉薬は、厚めでツルんとしたガラスっぽい質感。表面につけた模様がほぼ隠れてしまいました。

緑の釉薬は、掛かり具合によって色合いの変化が楽しめる。表面につけた模様もくっきり。



参加者全員の作品


来春、また陶芸体験に行きたいですね。

2010年11月17日水曜日

浅口の安倍晴明ゆかりの地~寄島編


岡山県浅口市には安倍晴明ゆかりの地がいくつかあることを知り、

地図を持って探検(?)してきました。


目的地は

浅口市寄島町にある大浦神社



大浦神社の有名なものといえば

競馬神事(けいばしんじ)



何にでも勝つの願いを込めたお守り「勝守」(かちまもり)。



「勝守」は金色の袋に馬の絵柄のお守りで、

勝負に勝つ!仕事に勝つ!恋愛に勝つ!人生に勝つ!

と何にでも勝つ!という気合の入ったお守りです。



では、境内の様子を少しご紹介。

石灯篭が並ぶ参道

拝殿(はいでん)

明治の頃にはあったそうです。

屋根は瓦から銅版に葺き替えられたそうです(地震対策)。


なんだろう?


一番気になったのが、これ。方角を表しているそうです。  



本殿

とっても立派です。昭和2年ごろ、塩田で財を成した方ひとりの力で建て替えられたとか。

境内が広いので実感がわかないですが、岡山一(だったかな?)大きな本殿。

社紋(神社の紋)は「五七の桐」。



話し好きな神主さんが、境内をうろうろしている私たちに少し説明してくださいました。

私は神主さんのお話しを聞きつつ、お召しになっているきれいな織物の衣装に見とれていました。

平安時代ってこんなの着てたのかなぁとか。



競馬神事は毎年10月にあり、神馬2頭が境内を12往復するそうです。

いつか見に行ってみたいな。

「勝守」も手に入れて、何にでも勝つぞ!という前向きな気持ちになりました。

===================
大浦神社

浅口市観光情報

2010年11月15日月曜日

浅口の安倍晴明ゆかりの地~金光編(3)


岡山県浅口市には安倍晴明ゆかりの地がいくつかあることを知り、

地図を持って探検(?)してきました。


「浅口の安倍晴明ゆかりの地~金光編(2)」のつづきです。



金光編の目的地は

(1) 大宮神社・日吉神社

(2) 道満塚

(3) 晴明塚・晴明井戸

(4) 道満池

(5) 鬼の手形岩(おまけ)




(2) 道満塚 → (3) 晴明塚・晴明井戸 への行き方

見覚えのあるおうちまで戻る

今度は左の道へ進み、貯め池の周りを歩く。

池の向こう側に行く


この石垣のおうちを目指す

石垣のおうちの右側の細い道を進む

石碑があります。

(3) 晴明塚・晴明井戸 です。




(3) 晴明塚・晴明井戸 → (4) 道満池 への行き方


通ってきた道をそのまま進む
左の二つ目の道を上がる。(まっすぐ進んで右へ進むと畑の方へ行く。)
 
小川が流れていそうなところに小さい橋がある。


そこにお墓があるので、お墓の右の細い道を登る。
 
100メートルほど歩くと (4) 道満池 に出る。


訪れた日は、池にほとんど水がありませんでした。わずかにハスの葉っぱがありました。



金光編は探検みたいな気分で、

史跡を見つけるたびに「あったー♪」と喜んでいました。

浅口の安倍晴明ゆかりの地~金光編(2)


岡山県浅口市には安倍晴明ゆかりの地がいくつかあることを知り、

地図を持って探検(?)してきました。


「浅口の安倍晴明ゆかりの地~金光編(1)」のつづきです。



金光編の目的地は

(1) 大宮神社・日吉神社

(2) 道満塚

(3) 晴明塚・晴明井戸

(4) 道満池

(5) 鬼の手形岩(おまけ)




(1) 大宮神社・日吉神社 → (2) 道満塚 への行き方


この塀のおうち↑の右の道をあがります。

鳥居が見えます。荒神社・貴船社です。

その先に

青いふちの看板発見(金光町の史跡の目印)!

(2) 道満塚です。









さらにこの道をまっすぐ登っていくと、(5) 鬼の手形岩に行けます。

(2) 道満塚 → (5) 鬼の手形岩 への行き方


右手の墓地を2つ過ぎると、なんとなく道が分かれます。

よく見ると三叉路。真ん中の下っていく道を進みます。
畑を左手に、この道を下ります。

コンクリートの小さい橋があり

その橋を渡って左へ進む



案内板があります。


50メートルほど歩くと


(5) 鬼の手形岩に到着




(5) 鬼の手形岩の拡大写真。これが鬼の手形みたいです。


(5) 鬼の手形岩は、安倍晴明とは関係ないのですが、近くにあったので、見に行きました。



浅口の安倍晴明ゆかりの地~金光編(1)

岡山県浅口市には安倍晴明ゆかりの地がいくつかあることを知り、

地図を持って探検(?)してきました。




たどり着くまでの道のりの写真も記録のために残しておきます。



金光編の目的地は

浅口市金光町にある

(1) 大宮神社・日吉神社

(2) 道満塚

(3) 晴明塚・晴明井戸

(4) 道満池

(5) 鬼の手形岩(おまけ)





インターネットで詳細地図が載っているブログを参考にして、

なんとか発見できました。

こちらのサイトです↓

http://www.geocities.co.jp/HeartLand/1608/minor1/oomiya.html





金光駅の北側からスタート(徒歩です)

歩道橋の東にある道を入る。

その道を学校を左に見ながら、つきあたりまで歩く。
 
つきあたり。占見(うらみ)という地名なのかな?

ここで右折。

右折して30メートルほど先に鳥居がある。  

大宮神社・日吉神社の鳥居


神社の参道。境内へあがる階段が見える。
 

メスの獅子

オスの獅子
階段の手前で左右対になった神社の獅子がお出迎え。

神社へのお参りは最後に行きました。


まずは、境内へ階段を上がらずに、この看板↑にしたがって歩く。
 
土塀のおうちに向かって進む
 
おうちの正面をとおりすぎて

ぐるりとおうちの裏に行く。
 
 
さっきのおうちの裏に、こんな丸い塀のおうちがある。