2013年2月14日木曜日

三平方の定理を英語で読んでみる

数学の公式は結構好きでしたが、数字はなぜか苦手です。

数学の先生との会話で、直角三角形のなつかしい定理が出てきました。




斜辺(直角に対する辺)の2乗は、他の2辺の2乗の和に等しい。

三平方の定理といい、直角三角形の3辺の長さの関係を表す等式です。

ピタゴラスの定理とも呼ばれる。





英語でなんて書いてあるのかなと思い読んでみました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Pythagorean_theorem より抜粋

"In mathematics, the Pythagorean theorem, also known as Pythagoras' theorem, is a fundamental relation in Euclidean geometry among the three sides of a right triangle. It states that the square of the hypotenuse (the side opposite the right angle) is equal to the sum of the squares of the other two sides."

https://www.mathsisfun.com/pythagoras.html より抜粋

"The longest side of the triangle is called the "hypotenuse", so the formal definition is:
In a right angled triangle:
the square of the hypotenuse is equal to
the sum of the squares of the other two sides."


【単語】
Pythagorean theorem, Pythagoras' theorem = ピタゴラスの定理
relation = 関係
Euclidean geometry = ユークリッド幾何(学)
three sides = 3辺
right triangle, right-angled triangle = 直角三角形

square = 平方、2乗
hypotenuse (the side opposite the right angle) = (直角三角形の)斜辺
sum = 合計、和



ピタゴラスはギリシャの哲学者・数学者なのですが、

私の頭の中では、ピタゴラスといえば

Eテレのピタゴラスイッチが思い浮かびます。

NHK Eテレ(教育) ピタゴラスイッチ
http://www.nhk.or.jp/kids/program/pitagora.html