2016年12月26日月曜日

「留学する」を中学英語で何と表現する?

先日のクラスにて

受講生同士でペアトークの途中に質問が出ました。

Aさん:「留学する」を英語で何と言ったらいいかわかりません。

すると、話し相手のBさんが助け舟を出しました。

Bさん:「留学する」をもっと簡単な表現にすればいいんですよね。
   うーん、外国で学ぶ study in a foreign country は?

私:お、いいですね!他にもいろんな表現が考えられますね。
 子どもに「留学する」を説明するとき、どんなふうに説明しますか?




改めて「留学」の意味を調べてみました。

「留学(りゅうがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国以外の国に限らない場合もある。留学している人を「留学生」(りゅうがくせい)という。」(Wikipediaより

デジタル大辞泉の解説だと
「他の土地、特に外国に在留して学ぶこと。」


ある程度の期間、外国に留まって学ぶので「留学」なんですね。




さて、「留学する」を英語で

一番短い表現は study abroad ですが、

abroad (外国で)を思いつかないときもあるので、別の表現も考えてみましょう。

study in a foreign country, study overseas, study in another country など


もう少し具体的に表現してみる。

「○○(国名)で学ぶ」study in  _____ (国名)
「○○(国名)の学校に行く」go to a school in _____ (国名)
「○○(国名)の大学生になる」be a college student in  _____ (国名)


具体的な内容を考えると、英語に変換しやすい気がします。


===============
<追記>
2016年10月12日、キャロライン・ケネディ大使と関根麻里さんがアメリカ留学について大使公邸で対談
【ケネディ大使 x 関根麻里 】アメリカ留学対談